カテゴリー別アーカイブ: 猫グッズ

猫のお尻マグネット!!

ct-oshiri05

ガチャガチャ、ガチャポン、ガシャポンなどと呼ばれている、あの硬貨を入れてガチャッと回してカプセルが出てくる機械・・・
いつの間にかものすごく人気になっていて、「カプセルトイ」と呼ばれているそうですね。
最近の猫ブームで猫のカプセルトイがいーーっぱい出ているようで、あの機械が置いてあるとついついチェックしに行ってしまうようになりました(笑)

株式会社エポック社「おやすみ猫ストラップ」
これとか。

株式会社シャイング「ごめん寝コ マグネット&ストラップ ~三毛猫は福を呼ぶ編~」
これとか。

カプセルQミュージアム 福を招くまねきねこ大全Ⅱ
これとか。

株式会社ジング「ねこっぷち2」
これとか。

株式会社エポック社「脱力猫2」
これとか。

それからガチャガチャの機械があると立ち寄ってチェックするようになり、ええ大人なのにちょいちょい買うようになりました。
子供の頃はお小遣いも少なくて耐えるしかなかったけど、大人になると欲望のままに回し続けてしまいますね・・・魔の機械だ。「欲しいやつが出ないもどかしさ」も味わいつつコンプを目指せる。大人でよかったなぁ。

そして今日・・・
トラちゃんを保護した元親さんであるCさんから突然の訪問があり、ドアを開けた途端に「あなたにぴったりなものが!!」と差し出されたのが・・・

ct-oshiri01
猫の尻であった。

ええ、見た瞬間に「うおお!!」って叫びましたよ。玄関先で。
だってふぐりが・・・!!!(笑)
そう、私は無類の猫ふぐり愛好家・・・!

肛門もなんか妙にリアルです。
ct-oshiri02
肉球もちゃんとあるよ!

普通はカプセルトイって中に「全○種類!」みたいな一覧表?みたいなのが入ってると思うんですが、これはなくて、注意書きの紙オンリー。そこに書いてあった会社名でググっても「猫 尻 ガチャ」とかでググってもこの商品はヒットせず。(類似品は結構あった)
もう一度全種コンプのために訪れたガチャ機の正面を見てやっと会社名がわかりました。

ct-oshiri03
株式会社エフ ドット ハートさんの「ねこのおしりマグネット」!!

全部で6種類でしたが・・・両替機まで使って回しまくりましたが・・・まだ最後の1種が出ておりません。

ct-oshiri05 ct-oshiri04
圧巻ですなー(笑)
マグネット自体もわりと強力めなので、飾るだけじゃなくて本来の目的で活躍してもらえそうです。

こういうついつい飾りたくなる細かいもの、どうやって飾ったらいいのかなー
賃貸だと原状回復義務があるからどうしても飾り棚なんかは使えないし、もどかしいです。とりあえず冷蔵庫に貼ってニヤニヤしよう(笑)

子猫をお迎えする準備(2) 食事関係編

子猫をお迎えするにあたって用意したもの・第2弾。
一番大事かもしれない食事関連のものについて。

フード(餌)

子猫には子猫用を与えないといけない・・・ということにまずはびっくり。犬も猫も飼ったことがなかったので、そんなことすら知りませんでした(-_-;) 玉ねぎダメとかチョコレートがダメとかも知りませんでしたよ・・・猫に関する知識は20年以上前のうっすらした記憶しかなかったんです(トラちゃんが来る前にがんばって猛勉強したよ)。

フードの種類も本当に幅広くて、ドライフード(通称カリカリ)やウェットフード(シーチキンみたいな感じ? 少量ずつ缶やパウチに個包装されているのが多い)と大別されている中に、更に「子猫用」「成猫用」「シニア用」など年齢別分類があって、更に更に「毛玉ケア」「胃腸の弱い猫用」「去勢・避妊した猫用」等、これでもかという種類がある・・・という印象。

かなり悩みましたが好みがあるのでいろいろトライされるとよいかと。

食器・水入れ

フードを入れるものと、水を入れるものの2つを用意。
人間用でも全然問題ないらしいですが、一応どっしりして裏に滑り止めがついているものを選びました。

うちはこんなの。保護して下さったお宅と一緒のにしました(色違い)。
フードと水が同じ容器になっているものもよく見かけましたが、あれは保護主さんによるとあまりよくないらしいとのことでやめておきました。(水とフードが混じりやすく、夏場など特に腐りやすくなるとか)

水入れはステンレス製の裏に滑り止めがついたやつを近所のホームセンターで・・・。500円しなかったかなぁ。

こんな感じの。
しかし後日、このステンレスの水入れは失敗だったと判明します・・・

今だから言えますが、フードボウルも水入れも重たい方がいいと思います。元気に走り回る年頃の猫なら特に、体当たりしたり手でひっくり返したりで中身がしょっちゅうこぼれる(というかこぼされる)と思いますので(T_T)

おやつ

猫も人間と同じく小腹が空いたりするし、てっとり早く仲良くなる為にもおやつをあげてみるといいよ、との助言を頂きました。
猫用のおやつも(犬用に比べるとはるかに種類少ないですが)本当にいろいろありますね!!
ざっと見たところ、かにかま、にぼし、ささみ、かつお、まぐろのものが多い気がしました。
うちではこのささみとかつお(スティック状)とCiaoちゅ~るが大好物なので、常にストックしております。(ホームセンターなんかに行くと12本パックとかがあって多少お徳。)

子猫をお迎えする準備(1) トイレ編

猫を飼うのはもちろん初めて。
何を準備していいかもわかりません・・・

幸いなことに保護された方が猫保護のベテランさんだったので、いろいろ詳しくお聞きして揃えることができました!
以下、完全室内飼いを前提にメモとして何回かに分けて書いておきます。

今回はトイレ編。
猫は基本的には決まった場所でするとのことで・・・賢い!
人間でいう便器にあたるものと、中に入れる猫砂(後述)でワンセットで使うそうで・・・それすら知らなかったよ!!

なにやら猫界では「トイレの数=猫の頭数+1」という方程式があるらしいじゃないですか。
大はこっち・小はこっちって分ける子がいるとか、キレイ好きでブツが残ってるトイレでは断固しないっていう子がいるとか、いろいろ聞きますね。
とりあえず2つは用意しようと・・・。

トイレも猫砂も種類が豊富すぎて選ぶのに時間かかりました(T_T)

(1) トイレ容器

シンプル・猫砂使用タイプ

容器に猫砂を入れておくだけのシンプルなタイプ。

カバーつき・猫砂使用タイプ

使用後に猫が砂を掻いた時も砂が飛び散りにくいという、カバーつきのタイプ。
ハーフカバーからフルカバーまであるようです。

システムトイレ・猫砂とシート使用タイプ

2層構造になっていて、うんちは上段に残りおしっこは下段に落ちてシートに吸収される、という構造。
清潔な状態が長く続くというのが売りのようですが、砂もシートも両方必要なのがコスト高?

他にもおまる型やテント型なども見つけました。すごいバリエーションです・・・!
うちは結局シンプルな猫砂を入れるだけのタイプにしました。

(2) 猫砂

これもバリエーションがものすごい豊富です。
材料も木、紙、おから、ベントナイト、シリカゲルなどたくさんあるようで・・・。
更にトイレに流せる・消臭機能・おしっこのかかったところが色が変わるなど、機能もいろいろです。

うちは猫ベテランさんおすすめの、トイレに流せるタイプのおからを使ったものにしました。

これ。正直消臭効果はそんなに劇的じゃないけど、おしっこもガッチリ固まるしトイレに流せて文句なし!です。