VAIOノートのキーボード交換 ~プロローグ~


さてさて、マルが寝たり踏んだり通ったりして壊れたノートパソコンのキーボード修理について。

キーボードの「修理」は自分では絶対無理、メーカー修理を依頼するにも高すぎる(2万も3万もするならそのお金でプラセンタでも買ってあげたい)ということで、新品のキーボードをヤフオクで落札し、はるか中国は深圳から発送してもらって交換することにしました。落札してから6日で届いたよ。

今回キーボードを交換するのは2011年10月モデルの「SONY VAIO VPCCB38FJ(Cシリーズ)」。
似たようなスペックの他のノートパソコンの中ではかなり安かった記憶があるなぁ。Core i5でHDDが750GB、メモリが4GB、Blu-rayドライブ搭載。7万円ちょっとだったような。
しかし今までパソコンでここまでド派手なオレンジ色があっただろうか。多分なかったと思う。色は「かっこいい」とか「ステキ」というより「パソコンでこの色というのはなかなかおもろい」という印象で選んだのでした(笑)

余談はこれぐらいにして・・・

届いたキーボードはこれ。
vaio02

裏側はこんな感じ。
vaio03

これを装着するためにまず古いキーボードを外さないといけないわけですが、このモデルはキーボード交換のブログとか動画とか情報が全く見つからず、自分で交換方法を模索せねばならぬ模様・・・
他のモデルのVAIOだと「キーボードを止めてるネジを本体裏側から2本外したら、キーボードのキー側からポコっと丸ごと簡単に取れるよ!」みたいなのもあるようですが、このモデルはどういう構造なのかさっぱりわからず。
横から見ると3層構造みたいに見えるんです。
vaio04
なんかオレンジの部分が黒い部分を包み込んでいる・・・?!

構造がよくわからない以上、裏側から全部のネジを外してキーボードが出てくるまでひたすら分解するという方法しか思いつかず、緊張でブルブルしながらバラすことにしました。

なにせド素人、8年ぐらい前に一度「壊れてもいいやー」という心意気でノートパソコンをバラして掃除したことがありますが(それもVAIOだったわ。貰いもののPCG-GRV550)、もう記憶もないしさっぱり自信がない。
まぁまぁ念入りに準備をしていきます。(やはり性根が適当)

~準備したもの~
(1) プラスドライバー数本
   ネジ山をナメるのが怖いので、極細・細め・やや細めの3本用意しました。

(2) 静電気除去キーホルダーみたいなやつ
   オートバックスで昔買ったやつです。車に乗る時静電気でバチっとなるのを防ぐグッズ。

(3) 樹脂製のヘラみたいなやつ
vaio05
   昔キッチンのこげつきを力ずくで取るのに使ったやつ。全く期待してなかったのにすごい活躍だった。今回のMVP。

(4) ポケットいっぱいのピルケース
vaio06
   100均で購入。これにネジを分けて入れていきます。ネジをなくすのが一番怖かった。
   買った時には「朝」とか「寝る前」とか書いてあるだけですが、自分で番号書きました。どこのネジだかわからなくならないためにはこの番号が重要。

(5) クイック○ワイパーのドライシート
   おそらく分解したら猫毛やらホコリやらがわんさか出てくるだろうと思い、用意。
以上です。

続きます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です