タグ別アーカイブ: オンザフロア

ウンチョスon the floorという悲劇

※今回はだいぶおげれつな話です※

猫のいるご家庭の皆さん、皆さんのお宅ではうんこ、床に落ちてますか? (笑)

うちではたまに落ちてます。

床の上のウンチョス (崖の上のポ○ョみたいな言い方)
または
ウンチョスon the floor
と呼んでおります・・・

「ああ~ウンチ出たね~」と猫トイレの処理に向かうと、そこには燦然と輝く床の上のうんこ。一粒のきらめき。
見つけると小学生男子のように「うんこだーーーーー!!!!」とついつい叫んでしまうぐらいの衝撃です(笑)
犯猫は98%トラちゃんです。

動物と暮らす前は軽いうんこ恐怖症(笑)だった私ですが、さすがに猫が来てからは日々の猫トイレ掃除で鍛えられ、食事中にウンチョスされても動じない精神を手に入れ、処理の甘い肛門を眼前に見せ付けられても「肛門きたな~い」で笑って済ませられるようになり、このウンチョスon the floorに対してもパニックを起こさず冷静に対処できるようになりました。
それでもやはり見つけた時には叫んでしまいますね。ショックだもの・・・ね・・・
頻度の平均をとると月イチぐらいかな・・・これは一般的に多いのか少ないのか。
そもそもみなさんの家ではこんな異常事態は起こらないのか、それとも起こっているけど隠しているのか(笑) 知人2人に聞いたところではどちらも「ごくたまにある」という回答でしたが。

だいたい床の上のウンチョスは一粒なんですよね。それ以外はちゃんとトイレの中に収まってる。
なぜon the floorが起こるのか、流れを考えてみると

(1) 普段は見せないようなここ一番の真剣な顔でふんばる
(2) ウンチョス達が産み落とされる
(3) 最後のウンチョスが着地する前にウンコハイが始まる
(4) ぶら下げたまま猛ダッシュ
(5) ダッシュ中に最後の一粒が床に落ちる

これしか考えられない。
トラちゃんはウンコハイが激しいので特にこれが起こりやすいのであろう。埋めない男だからねー、埋めることを考えずにすぐ猛ダッシュできるもんねー。

除去・清拭3回・除菌までの動きはもう慣れたもので、何なく対処できますが、なにしろ精神的ダメージが大きい!
ちゃんとウンチョスが着地してからトイレを出てね!埋めてね!!と毎度トラちゃんを説得していますが、まるで効果なしです(笑) しょんない(←静岡弁)

マルちゃんは今のところ1回しかon the floorしたことありません。
マルちゃんは執拗に埋めようとするタイプ。長時間トイレの縁をガッシガッシ掻いて埋めた気になっています。そこじゃないんだけどなぁ・・・