タグ別アーカイブ: 里親

NNN(ねこねこネットワーク)・・・?

ねこメモさんが大好きで、いつも会社で昼休みに見てます。
そこで度々出てきて気になるのが「NNN」という単語。

ねこメモさんの用語解説には

ねこねこネットワークの略。
猫を世間に広めようと日々暗躍している恐ろしい地下組織。

とだけ書いてある。地下組織・・・???

NNNで検索してみたらこんなのが見つかりました。
NNNってなんですか・・・? – ねこメモ

奴隷の夢(寂しい、猫にそばにいて欲しい)
        ↓
        神様
        ↓
社団法人 ぬこぬこネットワーク    → (株)ぬこぬこ探偵事務所(奴隷の素行審査)
        ↓                      ↓
非営利団体 ぬこぬこ町内会 全国本部 ← (株)ぬこぬこブライダル(結婚相談所)
>>奴隷に最適な猫を全国6900万の登録データベースと口コミからマッチング!!!<<
        ↓
 日時決定、ドッキリの小道具準備
リハーサル(主催:ぬこぬこネットワーク)
        ↓
奴隷「あれ、こんなところに猫が・・・」
        ↓
  後日請求書発行(20年ローン)

こういう組織だとまことしやかに囁かれているそうです(笑)

猫が欲しいなーと呟いたら即座に子猫に出くわした、飼い猫を亡くして悲嘆にくれていたら猫が現れた、など、タイミングのよすぎる出逢いが多くて「これは猫を派遣する闇の組織があるに違いない」と言われ始めたようですね(笑)

NNNは有能らしく、「エージェント」「工作員」「調査員」と呼ばれる猫(または人間)部隊を保有しているようで・・・
子猫に「保護されるためのテクニック」を伝授する、地域の猫に人家の状況をチェックさせる、家が建ち始めるとチェックする、下僕(人間のことらしい)の身辺調査を行う、などの業務を行い、下僕が良物件とわかると近辺に猫を送り込むという活動をしているという噂。

もちろんよくできたジョークなんだろうけど、いろんな猫飼いさんの話を聞いたりネットの猫話を読んでいると「こりゃあ実在するかもしれん」と思ってしまうぐらい(笑)

トラを保護して下さったお隣さんもどう考えてもNNNに優良下僕としてロックオンされた一人。
トラを里子に出した後も3匹保護されてますΣ(゜Д゜)
先週も生後半年ぐらいのお嬢さんを保護したと思ったら、今週は生後1ヵ月ぐらいの激カワ子猫さん(かわいそうにネズミとりのモチみたいなものがべっとり付着・・・)を保護されてました。
おそるべしNNN。

うちもよく考えたらマルは自ら保護したし、マルはNNNから派遣されてきたのかもしれません(笑)

2匹目の猫

トラがうちに来てからそろそろ丸2ヶ月。
人生初の(人間以外の)哺乳類との生活もなんとなく慣れてきたところ・・・

同居人の実家(郷愁をかきたてる昭和の団地)の自転車置き場で、自転車のチェーンに引っかかっている子猫がいたので助けた、という話を同居人から聞きました。
助けた後はそのまま放してやったらしいんですが、これから寒くなる時期だし、食べ物にも困るだろうし、世の中には動物への愛が欠落している人も極少数いるらしいから怖いし、なんとかうちで保護してあげられないだろうか・・・と思い始めたわけで。
自転車のチェーンに引っかかるような子だから多分ちょっとトロくさいだろうし(笑)、安全な環境で生活させてあげたいなぁと。

実を言うと、トラの子猫全開の元気っぷりに対して、人間の方が「遊んであげきれていない」という感じもあったんです。ずっと遊んであげられれば一番いいけど、子猫のあの無尽蔵な遊びへの欲求を満たしてあげるには体力・気力・時間全部足りない気がしてて。
そんな時、トラを保護して下さった猫ベテランのお隣さんに「こういう野良の子がいるんです」と相談してみたら・・・

「正直ね、1匹飼うより2匹飼う方がだし、遊び相手ができるから猫自身にもいいよ」

とのアドバイス。
確かに猫なら仕事も家事もしなくていいんだから、お互いに心ゆくまで遊び倒すことができるよね…。

というわけで、私のような猫ビギナーにいきなり2頭飼いは大丈夫なのか、お金の面では大丈夫か、トラとの相性は大丈夫だろうか、とか散々悩みましたがやっぱり心配でしょうがなく、保護することに!
同居人の母に協力してもらって10日ほど餌付けしてもらい、「もう抱っこできるようになったよ~」と連絡があったので今日、お迎えに行ってきました!

写真 2013-11-13 20 15 12

保護したその足で獣医さんにも行ってきましたが、猫エイズ・白血病共に陰性!
おそらく6ヶ月ぐらいだろうとのこと。そしてオス。
獣医さんに着くまでの車の中ではずっと鳴きつづけていたんですが、いざ診察台に上がったら非常に大人しく、先生からも「こんな大人しい子は珍しいで!めっちゃええ子!育てやすいと思うよ」とのお墨付きを頂きました。(確かトラちゃんの時もそんなこと言われたな…)

ずっと「へっ」とか「へーん」とか「へい」とか「へぅん」とか面白い鳴き方をしていたので(笑)、あやうく名前が「平蔵」になりかけましたが・・・(火付盗賊改方か!)

丸顔でなんか顔がでかいところ、呼びやすさなどから、名前は「マル」で決定致しました~

びっくりするほど甘えん坊でおくゆかしく、動きもすんごくのんびりしていておもちゃにもあまり反応せず、子猫らしさあまりナシです(笑)

写真 2013-11-14 6 42 22-2

今はレボリューションの効果待ちでトラと隔離していますが、これから快適に過ごしてもらえるようにがんばります~

突然ですが子猫をお迎えしました

ペット可のマンションに引っ越してきて1年半。
小規模な古いマンションですが、マンション内の他のお宅はどこも犬や猫を飼われていて、しかも付近には地域猫がたくさんいて、「うちもペットが飼いたい・・・いや飼いたいなどとはおこがましい、一緒に暮らさせて頂きたいっ」と思っていたわけです。
しかし私も同居人も仕事があり、昼間一人にさせておくのはかわいそうとも思って、断念しかかってました。

そんな折、お隣さんから
「駅の近くで子猫を保護したんだけど・・・よかったらどう?」
とゆる~くお声をかけて頂きました。
130914_0107
(送られてきた写メで既にノックアウト)

同居人は実家にも猫がいて、動物は鳥も猫も犬も大好き。
ほぼ即決で「うちにお迎えしよう」と決まったのですが・・・
私自身は今までの人生ずーーーーっと賃貸住まいで、犬や猫はおろか鳥すら飼ったことはなかったので不安ありまくり。
(でも動物はめっちゃ好き)

お金がかなりかかるんちゃうの?
昼間一人にして大丈夫?
ペット可物件とはいえあくまで賃貸、いろんなところをひっかいたり壊したりするのでは?

・・・などなど、山ほどある不安な点を猫生活超ベテランのお隣さんに相談しまくり、なんとか大丈夫そう!とやや自信を持てたところでYESのお返事をしました!

そして初の顔合わせ・・・
「子猫」と聞いていたので、ネットで調べまくったイメージから「おしり刺激してあげないと排泄できへんのやんな?!」「体温下げたらあかんのやんな?!」「離乳食は?!」「トイレのしつけは?!」とけっこうビビっていましたが・・・

初対面の時には「子猫」とはいえ、すでに思ってたよりけっこう育ってました。
130917_1158

130915_2040

tora4
(離乳食とか全く無用な心配だった)

3ヶ月未満ぐらい、と聞いてましたが・・・私の勝手なイメージでは3ヶ月って
red kitten 01
(Photo by Mathias Erhart@Flickr)
↑こういう感じだと思ってた。残念なような、ホッとしたような微妙な初心者心理。

風邪を引いているので体調が大丈夫になってから引き渡し、とのことでしたが、ちょっと鼻水が出てるぐらいで抗生物質を数日飲ませればおそらく大丈夫とのことも聞き、9/18に引き渡し日決定!
トイレもすでにバッチリ、ものすごい甘えん坊で人なつこくて大人しく、お隣さんちの猫(4匹)とも全くトラブルなし、おっとりしていて手がかからないすごくいい子!!初心者にもおすすめできる!とのお墨付きも頂いて、ついに9/18、うちに子猫がやってきました~!!

tora
末永くよろしく頼むよ~!